皆既月食で月が赤く染まる 「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」

2018年1月31日には皆既月食が日本全国で観測できます。

月の一部が地球の陰に入る月食は、20:48頃に始まり、地球の陰から完全に出る月食の終了は24:12頃で、約3時間24分ほど月食と皆既月食を観測できます。

今回の皆既月食は、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」という数十年に一度しか起こらない珍しい皆既月食になります。

皆既月食の時間、場所
日程:2018年1月31日(水)
時間:月食 20:48頃~24:12頃、皆既月食 21:51頃~23:08頃
場所:日本全国で観測可能 各地で観測会を開催

皆既月食の詳細 は「皆既月食 2018年1月31日」をご覧ください。

月全体がが地球の陰にすっぽりと覆われる皆既月食は、21:51頃から23:08頃までの約1時間16分ほど観測できます。

20111年の皆既月食の継続時間は約52分、2015年は約12分間でした。2015年は天気が悪く西日本ではほとんど観察できませんでした。

今回の皆既月食の継続時間は約1時間16分で、日本国内のどこからでも月食のはじめから終わりまでを見ることができます。

皆既月食の写真・画像

皆既月食と神戸ポートタワー
皆既月食と神戸ポートタワー(合成写真)

皆既月食の見え方
神戸での皆既月食の見え方 ※これはイメージです。実際とは異なります。

2018年1月31日の「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」の写真はこちらから
スーパー・ブルー・ブラッドムーンの壁紙写真・画像

今回の皆既月食「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」は、曇りの予報で観測は難しいと言われていましたが、月食が半分ほど進むまでは晴れていました。

月食が半分ほど進んだところで、雲が広がり始めて月が見えなくなってきましたが、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が始まる直前には再び晴れ間が広がってきました。

ところが、あと20分で「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が最大になるというとき、再び月が雲に覆われて、見えなくなってしまいました。

神戸新聞 Twitter
皆既月食「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」の動画
月が完全に地球の影に入り込む「皆既月食」が31日夜、全国各地で観測された。欠け始めから再び丸い姿を現すまでが見られる機会は2015年4月以来、約3年ぶり。兵庫県内は気圧の谷の影響で曇天となったが、雲の隙間から「赤銅色(しゃくどういろ)」の赤黒い姿を確認できた。

神戸新聞 Twitter
#皆既月食 をご覧になりましたか。神戸からは何とか見ることができました。写真は午後9時53分ごろに撮影したものです

神戸新聞 Twitter
雲の隙間から赤い月 3年ぶり皆既月食

投稿者: Mari

「What's New」では、「神戸観光壁紙写真集 KOBE Photo Gallery」の更新情報や、気になるニュース、イベント情報、祭り情報、観光情報、季節の花の開花情報を写真と画像で紹介しています。 主な活動地域は、神戸を中心に、阪神、播磨の地域情報を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です