加古川ご当地グルメ「加古川ギュッとメシ」誕生 味噌漬の牛肉

加古川市のご当地グルメ・B級グルメと言えば「かつめし」。

加古川のかつめしは、1947年に誕生した加古川の名物で、白いご飯に牛カツ(ビフカツ)が添えられ、ドミグラスソースがかけられたものです。

同じ皿にキャベツなどの野菜ものっているので、ワンプレートでバランスのとれた食事ができます。最近では、トンカツにソースや味噌だれなどをかけるなど、アレンジを加えたものも多くなってきています。

【楽天市場】かつめし・かつめしのタレ

但馬牛の血統を持つブランド牛「加古川和牛」の産地である加古川市は、「牛肉を使いこなす町」のキャッチフレーズのもと、2017年2月9日の「肉肉」の日に、新しいご当地グルメとして「加古川ギュッとメシ」を発表しました。

でも、知名度は低そうです。毎週、加古川へ行っていますが、ニュースを見るまでは「加古川ギュッとメシ」のことは知りませんでした。これからのPR次第で全国区のブランドとして認知されるか!

加古川ギュッとメシは、味噌をベースにしたタレに牛肉を漬け込んで調理したもので、いくつかの「オキテ」を守っていれば、料理の形態は問わないそうで、丼、リゾット、巻きずし、パンなど、店ごとに様々なバリエーションがあります。

加古川ギュッとメシのオキテ

作る人のオキテ
漬ける肉は牛肉であるべし
漬けるタレは味噌をベースにするべし
味の変化を楽しませる+αの工夫を用意するべし

食べる人のオキテ
気になる店が要予約または数量限定かをチェックするべし
(漬け肉は仕込みが命!なのだ)
まずは肉をそのまま味わうべし
食べるペースに注意するべし(味の変化が楽しめなくなるぞ!)
さまざまな店を巡って愉しむべし

つまり、味噌だれに漬けた牛肉を使っていれば「加古川ギュッとメシ」と呼ぶことができるわけで、この掟を守っていれば、和洋中の区別無く料理の幅やメニューの種類が広がります。

「かつめし」は、牛カツ(ビフカツ)にドミグラスソースという縛りがあったので、それほどレパートリーもありませんでしたが、加古川ギュッとメシは、作る人の数だけ、お店の数だけレパートリーが生まれます。

これって、なかなか鋭い戦略ですね。ご当地グルメって、次第に飽きられてくるものも少なくありません。

ところが、加古川ギュッとメシだと、料理のレパートリーを無限に増やすことができ、飽きられることもないのではないかと予想できますが、それをご当地グルメと呼べるのかどうか、ちょっと疑問です。

現在は、「加古川漬け肉丼」、「野菜たっぷり!漬け肉クリームリゾット」、「まごころギュッ(牛)とメシ」、「漬け肉ぎゅっと巻き」、「ローストビーフ丼」、「漬け肉ステーキ重」、「加古川和牛の釜飯」、「牛・ギュッとパン」などがあるそうです。

「加古川じゃらん 食べてミソ! 加古川ギュッとメシ」のフリーペーパーも発行されていますが、「食べてミソ!」?? 

これって、名古屋の「味噌だれ」?を連想してしまいます。名古屋の食文化と言えば「味噌」。「つけてみそかけてみそ」は私も大好きです。加古川と味噌ってあまりイメージはないんですが!

加古川では、昔から畜産が盛んで、「加古川牛」、「志方牛」などの和牛ブランドがあります。このブランド牛を進物用に味噌漬けにした「味噌漬け肉」が、加古川市内のどこの精肉店でも取り扱っていたそうですが、冷蔵技術や輸送の発達などによって、約20年前頃には姿を消したそうです。

今回の「加古川ギュッとメシ」は、この「味噌漬け肉」をヒントに、「おもてなし」の気持ちがこめられた「かつてのご当地グルメ」がベースになっているそうです。

加古川ギュッとメシ|牛肉を使いこなす町、加古川の新・ご当地グルメ

新ご当地グルメ「加古川ギュッとメシ」が誕生しました!/加古川市ホームページ

新ご当地グルメ「加古川ギュッとメシ」が誕生!! < ニュース&トピックス|加古川観光協会

新ご当地グルメ「加古川ギュッとメシ」完成 牛肉をつかいこなすまちに – 加古川経済新聞

神戸新聞NEXT|東播|新グルメ「加古川ギュッとメシ」試食会に200人

「加古川ギュッとメシ」新規提供店舗募集

参加条件
加古川市内の店舗で食品を提供されている方
「加古川ギュッとメシ」で加古川を盛り上げる意欲のある方
提供店舗で作る「加古川漬け肉研究会」にも加盟いただきます

参加方法
店舗名、住所、氏名、電話番号を観光振興課までお知らせください。
観光振興課からメニュー内容の確認と手続きについて連絡します。
手続き完了後、「加古川ギュッとメシ」として認定し、PRグッズをお渡しします。

PR方法
加古川ギュッとメシ提供店舗には、PRのぼりとポスターをお渡しします。
加古川観光協会ホームページに店舗紹介ページを作成します。
加古川観光協会が提供店マップ(掲載無料)を作成します。(更新は不定期)

観光振興課/加古川市ホームページ

加古川観光協会 – 自然と歴史が調和する街「加古川」

加古川ギュッとメシの提供店とメニュー

2017年2月10日現在

焼肉 志方亭(別府町新野辺北町)…志方亭特製漬け肉ステーキ重(1500円)

焼肉 京城苑(野口町二屋)…加古川漬け肉のローストビーフ丼(1500円)

アメリカンスタイルレストラン HEROES(八幡町宗佐)…加古川漬け肉丼(1000円)

やさしい男の料理 ひなた(加古川町大野)…野菜たっぷり!漬け肉クリームリゾット(1080円)

かき料理 かき庄(加古川町篠原町)…一夜漬け加古川和牛の釜飯(1296円)

有機茶房 ごえん(加古川町美乃利)…まごごろギュッとメシ(895円)

和食処 おおつぼ(平岡町新在家)…漬け肉ぎゅっと巻き(864円)

創作酒房 駄駄(加古川町北在家)…加古川漬け肉のステーキ重(1500円)

フレッシュピックル(神野町西之山)…牛・ギュッとパン(180円)

ふるさと東はりま魅力発見市

JR明石駅前のあかし市民広場(パピオスあかし2F)で、「ふるさと東はりま魅力発見市」が開催されます。東播磨地域の観光と物産が明石に集結!明石焼、加古川かつめし、高砂にくてんなどB-1グランプリ獲得のご当地グルメを味わおう!

今回は、「加古川ギュッとメシ」は出店されていませんが、おなじみの「加古川かつめし」が出店されます。

イベントの詳細は「ふるさと東はりま魅力発見市」をご覧ください。

投稿者: Mari

「What's New」では、「神戸観光壁紙写真集 KOBE Photo Gallery」の更新情報や、気になるニュース、イベント情報、祭り情報、観光情報、季節の花の開花情報を写真と画像で紹介しています。 主な活動地域は、神戸を中心に、阪神、播磨の地域情報を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です