神戸市もワクチン接種予約中止

ファイザー社製ワクチン不足

7月2日、「神戸市で一般向けワクチン接種の予約が始まります」という記事を書きましたが、同日夕方、神戸市はファイザー社製ワクチン不足により、「神戸市内全ての接種会場で1回目接種の新規予約受け付けの一時停止」、「7月6日以降の集団・大規模接種会場での予約のキャンセル」、「7月12日以降の個別接種医療機関での予約のキャンセル」を発表しました。

予約の取り消しとなる神戸市民は5万人以上になる見込みです。

神戸市は、政府からのワクチン供給が遅れており、1回目接種を受けた人の2回目分確保を優先するための措置だと説明しています。

神戸市で新型コロナワクチン接種予約再開

コロナワクチン

上記期日までの予約分については接種を行い、期日以降に予約している65歳以上の高齢者の方については、モデルナ社製ワクチンを使用する会場への予約の振替を受け付けるとしています。

65歳以上の高齢者でも、1回目予約をしていなかった人は当面予約できなくなります。

また、「ファイザー社製ワクチン」と「モデルナ社製ワクチン」については、予約変更の取り扱い方法が異なりますので、神戸市のWEBサイトでご確認ください。
神戸市:ファイザー社製ワクチン不足による神戸市の対応について

ソース

兵庫県
兵庫県 新型コロナワクチン接種
兵庫県 新型コロナワクチン大規模接種

神戸市
神戸市 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について
神戸市:ファイザー社製ワクチン不足による神戸市の対応について

ワクチン1回目予約全てキャンセルへ 神戸市、6日以降分 新規予約も一時停止 神戸新聞NEXT
神戸市が予約5万人分キャンセル 神戸新聞NEXT
兵庫県へのワクチン供給 希望量の4分の1 64歳以下の接種、ペースダウン必至に 神戸新聞NEXT
神戸市のワクチン接種予約を停止 市長「供給細くなり無念」 神戸新聞NEXT

コメント

タイトルとURLをコピーしました