西宮蔵開2018 しぼりたて新酒の試飲

日本を代表する酒蔵が集まる兵庫県西宮市内の灘五郷のうち、西宮郷と今津郷で6つの酒蔵、蔵元を開放する「西宮蔵開」が開催されます。

西宮蔵開では、できたての新酒を味わいながら、西宮の日本酒に親む様々なイベントが行われます。

西宮蔵開2018の日程、場所
日程:
2018年2月3日、10日、17日、24日、3月3日、4日

場所:
寳娘(大澤本家酒造)、徳若(万代大澤醸造)、白鹿(辰馬本家酒造)、日本盛(日本盛株式会社)、大関(大関株式会社)、白鷹(白鷹株式会社) 兵庫県西宮市内の酒造会社、酒蔵

イベントの詳細は「西宮蔵開2018」をご覧ください。

西宮は、江戸時代より丹波地方で採れる酒造りに適した米と、六甲山からの伏流水(宮水)に恵まれ、江戸への輸送に便利な港があったことから、日本有数の酒どころとして栄えてきました。

西宮市内6つの蔵元、寳娘(大澤本家酒造)、白鹿(辰馬本家酒造)、徳若(万代大澤醸造)、日本盛、白鷹、大関が自社の敷地を開放し、できたての新酒を味わいながら、より“西宮の日本酒”に親しんでいただける様々なイベントが、各蔵元で1日限定で行われます。

宮水と西宮の酒・灘の酒の写真・画像

西宮の酒蔵を支える西宮の名水「宮水」
西宮の酒蔵を支える西宮の名水「宮水」

西宮の酒・灘の酒
西宮の酒・灘の酒

投稿者: Mari

「What's New」では、「神戸観光壁紙写真集 KOBE Photo Gallery」の更新情報や、気になるニュース、イベント情報、祭り情報、観光情報、季節の花の開花情報を写真と画像で紹介しています。 主な活動地域は、神戸を中心に、阪神、播磨の地域情報を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です