水陸両用車「スプラッシュ神戸」の後継「太幸」が神戸で運行再開

新型の国産水陸両用車は「太幸」

2007年から2012年まで、神戸で水陸両用船「スプラッシュ神戸」の定期運航を行っていた「ダックツアー・タイコー」が、2019年のゴールデンウィーク限定で、新型の国産水陸両用船「太幸」を使って、神戸ポートタワー発着の観光ツアーを再開しました。

運行日程は、 ゴールデンウィーク の4月28日と5月1日~5月5日の6日間限定。運行時間は、11:00から約2時間ごとに神戸ポートタワー前の停留所から発着。料金は大人が3000円で子供が2000円。

運行時間 1日4便
11:00
13:00
14:50
16:40

陸上コース 約40分
神戸ポートタワー、フラワーロード、北野坂、北野異人館、山手幹線、トアロード、ハーバーランド

海上コース 約20分
ハーバーランド、はねっこ橋、旧神戸港信号所沖

チケットの購入・料金
「神戸ポートタワー前」停留所で出港開始15分前からチケットを販売しています。
大人 3000円、子供 2000円
※事前予約や前売り券の販売はしていません

初代の水陸両用船「スプラッシュ神戸」は、 2007年9月に日本で始めて運行された水陸両用車だそうです。

「スプラッシュ神戸」は、 北野異人館や南京町などを観光バスとして巡ったあと、ハーバーランドから海中へ入り神戸港の遊覧船として運行していましたが、2012年に車両トラブルにより運休。 「スプラッシュ神戸」は 、外国製の輸入車のため、部品を調達できずに2017年に事業を終了していました。

今回の新造船は、国内で製造されたもので、全長約8.95メートル、総重量約8.5トン、旅客定員は24人。2018年12月、神戸運輸監理部から事業許可を得ました。

昨年から、神戸市内で目撃情報がSNSなどでアップされ、また、ダックツアー・タイコーが運転手の求人募集をしていましたので、運行再開が噂されていました。

「スプラッシュ神戸」2019年夏休みに定期運行開始

水陸両用船「スプラッシュ神戸」を運航する「ダックツアー・タイコー」が、2019年夏、6個のタイヤとスクリューを備えた新型の国産水陸両用船「太幸」を使って定期運行を再開します。

ダックツアー・タイコー「神戸観光の水陸両用船、夏季も運航」の詳細は下記のリンクをご覧ください。
水陸両用船「スプラッシュ神戸」運行開始
「スプラッシュ神戸」の写真・画像

水陸両用車「太幸」

水陸両用車「スプラッシュ神戸」の後継「太幸」
水陸両用車「スプラッシュ神戸」の後継「太幸」
水陸両用車「スプラッシュ神戸」の後継「太幸」
水陸両用車「スプラッシュ神戸」の後継「太幸」
水陸両用車「スプラッシュ神戸」の後継「太幸」
水陸両用車「スプラッシュ神戸」の後継「太幸」
水陸両用車「スプラッシュ神戸」の後継「太幸」 とスカイバス神戸
水陸両用車「スプラッシュ神戸」の後継「太幸」 とスカイバス神戸
水陸両用車「スプラッシュ神戸」の後継「太幸」 とスカイバス神戸
水陸両用車「スプラッシュ神戸」の後継「太幸」 とスカイバス神戸
スカイバス神戸については下記のリンクをご覧ください。
スカイバス神戸(SKY BUS KOBE)
ハーバーランドから海へ出て遊覧船になります
ハーバーランドから海へ出て遊覧船になります
 ハーバーランド を航行する 水陸両用車「太幸」
ハーバーランド を航行する 水陸両用車「太幸」
ハーバーランド沖の海上を航行する水陸両用車「太幸」
ハーバーランド沖の海上を航行する水陸両用車「太幸」
ハーバーランドから上陸する水陸両用車「太幸」
ハーバーランドから上陸する水陸両用車「太幸」
ハーバーランドから上陸する水陸両用車「太幸」

水陸両用車「太幸」には車名などの文字や絵などが一切書かれていません。現時点では神戸での定期運行は決まっていないようなので、そのためだと思われます 。 神戸での定期運行が決まれば、 ラッピング されて再登場するかも??

初代の水陸両用船「スプラッシュ神戸」

初代水陸両用車「スプラッシュ神戸」
初代水陸両用車「スプラッシュ神戸」
初代水陸両用車「スプラッシュ神戸」
初代水陸両用車「スプラッシュ神戸」

「スプラッシュ神戸」は、2006年、ダックツアータイコーが 、 観光ツアー用に改造された「DUKW」をアメリカから2台輸入し、2007年10月19日から神戸で観光用に運行していました。

「DUKW」は、ゼネラルモーターズ社によって開発されたアメリカの水陸両用車で、主に軍事車両として使われていたものです。

民間に払い下げられた「DUKW」は、客席やキャビンを設置し、観光車両(ダックツアー)として運用されています。

「ダックツアー」とは、原型車両である「DUKW」の名称と、水鳥のカモやアヒル(Duck)にちなんで、「ダックツアー」呼ばれるようになったそうです。

「スプラッシュ神戸」は、運行していた2台が事故や故障のため、2012年8月18日以降運休となり、2017年に事業を終了していました。

スカイバス神戸については下記のリンクをご覧ください。
スカイバス神戸(SKY BUS KOBE)

関連ページ
「スプラッシュ神戸」2019年夏休みに定期運行開始
水陸両用車「スプラッシュ神戸」の後継「太幸」がGW限定 神戸で運行再開
バスが来ないバス停「神戸市役所3号館 停留所」
神戸で連節バス「オレンジアロー連 SANDA」海フェスタ神戸で試験運行
ボンネットバスで兵庫区・長田区の街を巡りながら懐かしの市場でお買い物ツアー
須磨さくらめぐりバス 須磨区の桜の名所を巡る無料バス
神戸夜景バスツアー NIGHT VIEW TOUR 神戸夜景スポットを巡る格安バスツアー

投稿者: Mari

「What's New」では、「神戸観光壁紙写真集 KOBE Photo Gallery」の更新情報や、気になるニュース、イベント情報、祭り情報、観光情報、季節の花の開花情報を写真と画像で紹介しています。 主な活動地域は、神戸を中心に、阪神、播磨の地域情報を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です