明石市立天文科学館 プラネタリウム稼働期間日本一更新中

日本最古の現役プラネタリウム

明石市立天文科学館は、兵庫県明石市にある天文台で、東経135度日本標準時子午線の真上に建っています。

東経135度日本標準時子午線の真上に建つ天文科学館
東経135度日本標準時子午線の真上に建つ明石天文科学館

現役としては国内最古のプラネタリウムがある、明石市立天文科学館では、プラネタリウムの稼働期間が、日々、日本記録を更新しています。

明石天文科学館にある日本最古の現役プラネタリウム
明石天文科学館にある日本最古の現役プラネタリウム

2012年にはプラネタリウムの稼働期間の長さが日本一になり、世界で第5位、2015年には、1960年の開館日の稼働から20,000日を数えました。

アラ還(アラウンド還暦)プロジェクト
また、東京五輪が開催される2020年に「還暦」を迎えるのに合わせて、「アラ還(アラウンド還暦)プロジェクト」が行われています。

全国プラ『レア』リウム33箇所巡り
また、2015年5月から2018年7月まで、3年3カ月をかけて全国33カ所の“レア”なプラネタリウムを回る「全国プラ『レア』リウム33箇所巡り」も行われています。

時の記念日 天文科学館 入館無料
6月10日は時の記念日です。毎年6月10日は、天文科学館、明石駅、魚の棚商店街などで子午線通過記念証の配布します。天文科学館では入館料が無料になります。時のウィークでは、明石駅や明石公園でイベントが開催されます。

「時の記念日 天文科学館」の詳細はこちらをご覧ください。

「時のウィーク 明石公園」の詳細はこちらをご覧ください。

日本最古の現役プラネタリウムがある明石天文科学館
明石天文科学館

明石市立天文科学館

明石市立天文科学館の写真・画像

東経135度日本標準時子午線の真上に建つ天文科学館
東経135度日本標準時子午線の真上に建つ明石天文科学館

日本最古の現役プラネタリウムがある明石天文科学館
日本最古の現役プラネタリウムがある明石天文科学館

明石天文科学館にある日本最古の現役プラネタリウム
明石天文科学館にある日本最古の現役プラネタリウム

明石天文科学館の夜景
明石天文科学館の夜景

投稿者: Mari

「What's New」では、「神戸観光壁紙写真集 KOBE Photo Gallery」の更新情報や、気になるニュース、イベント情報、祭り情報、観光情報、季節の花の開花情報を写真と画像で紹介しています。 主な活動地域は、神戸を中心に、阪神、播磨の地域情報を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です