神戸ルミナリエ2017の試験点灯

神戸市最大のイルミネーションイベント「神戸ルミナリエ2017」の試験点灯が12月4日に、会場となる神戸市中央区の旧外国人居留地と東遊園地で行われました。

「神戸ルミナリエ」は、阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂と、神戸市の復興と再生への夢と希望を託し、、大震災の起こった1995年の12月に初めて開催されました。以来、大震災の記憶を後世に語り継ぐことを目的に、神戸の希望を象徴する神戸の冬の風物詩として、毎年クリスマスシーズンに開催されています。

今年のテーマは「未来への眼差し(Guardando al futuro)」。

今年は、「神戸港開港150周年」と「兵庫県政150年」を記念し、史上最多となる約40万個の発光ダイオード(LED)が使用され、旧外国人居留地の「フロントーネ」と仲町通りの光の回廊「ガレリア」が延長され、規模が拡大しています。

東遊園地の「スパッリエーラ」も、デザインが大幅に変更され、三連の光の回廊「ガレリア」と、光の壁掛け「スパッリエーラ」を組み合わせた壮大な作品になっています。

神戸ルミナリエ2017の開催日程

日程:2017年12月8日(金)~12月17日(日)
期間:10日間
時間:
・月~木曜日 18:00頃~21:30
・金曜日 18:00頃 ~ 22:00
・土曜日 17:00頃 ~ 22:00
・日曜日 17:00頃 ~ 21:30
※点灯時間は混雑状況や天候により変わります。
場所:兵庫県神戸市中央区 旧外国人居留地及び東遊園地

イベントの詳細 は「神戸ルミナリエ2017」をご覧ください。

神戸ルミナリエ2017の試験点灯の写真・画像

神戸ルミナリエ2017の試験点灯
午後9時過ぎから、旧居留地のフロントーネ付近に人が集まり始めます。

神戸ルミナリエ2017の試験点灯
午後10時に旧居留地のフロントーネ、ガレリア点灯します。点灯時間は約5分。

神戸ルミナリエ2017の試験点灯
旧居留地からメイン会場の東遊園地へ移動。午後10時15分頃、東遊園地のスパリエーラ、小径のガレリア・ソロピースが点灯。点灯時間は約10分。

神戸ルミナリエ2017の試験点灯
東遊園地のスパリエーラは例年の円形のデザインが大幅に変更され、三連の光の回廊「ガレリア」と、光の壁掛け「スパッリエーラ」を組み合わせた壮大な作品になっています。

神戸ルミナリエ2017の試験点灯
兵庫県政150周年記念作品

神戸ルミナリエ2017の試験点灯
神戸開港150年記念作品

神戸ルミナリエ公式 Twitter
試験点灯の様子

神戸新聞映像写真部 Twitter
試験点灯の様子

投稿者: Mari

「What’s New」では、「神戸観光壁紙写真集 KOBE Photo Gallery」の更新情報や、気になるニュース、イベント情報、祭り情報、観光情報、季節の花の開花情報を写真と画像で紹介しています。

主な活動地域は、神戸を中心に、阪神、播磨の地域情報を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です