へそのまち物産フェア2017 全国の「へそ」「中心」の名物・特産品が西脇市に集結

日本のへそ・西脇市
日本のへそ・西脇市

へそのまち物産フェア2017

全国へそのまち協議会に加盟する市町村の特産品を販売する「へそのまち物産フェア」を開催します。

北は北海道富良野市から南は沖縄県宜野座村まで、協議会に加盟する9市町村から、この機会にしか手に入らない特産品を期間限定で販売します。

へそのまち物産フェア初日の3月4日(土)には、北はりま農産物直売所出荷者協議会による高菜ごはんや豚汁などの販売イベントを同時開催します。

へそのまち物産フェア2017の日程、場所

日程:2017年3月4日(土)~3月12日(日)
時間:9:30~18:00
場所:西脇市立北はりま農産物直売所・北はりま旬菜館 兵庫県西脇市野村町
地図:西脇市立北はりま農産物直売所・北はりま旬菜館の地図
公式サイト:
北はりま農産物直売所 北はりま旬菜館

全国へそのまち協議会加盟市町村

「北海道のへそ」 北海道富良野市
「福島のへそ」 福島県本宮市
「日本列島の中心」 栃木県佐野市
「日本のまんなか」 群馬県渋川市
「紀伊半島のへそ」 奈良県吉野町
「岡山のまんなか」 岡山県吉備中央町
「九州のへそ」 熊本県山都町
「沖縄本島の中心」 沖縄県宜野座村
「日本のへそ」 兵庫県西脇市

肉肉しいスタンプラリー・播州肉の陣開催中

加古川市の新ご当地グルメ「加古川ギュッとメシ」9店舗と、西脇市の新ご当地グルメ「西脇ローストビーフ」14店舗を食べ歩くスタンプラリー「肉肉しいスタンプラリー・播州肉の陣」が、2月25日(土)から3月20日(月・祝)まで開催されています。

パンフレット兼応募用紙は参加店舗などで配布されています。

西脇市は「日本列島の中心」、「日本のへそ」

西脇市は、東経135度・北緯35度の交差点があり、「日本列島の中心」、「日本のへそ」としてPRしています。

日本のへそ・日本の中心は、1919年(大正8年)8月に多可郡の数学教師研修会で、東京の講師から「郡内に経緯度の交点がある」と指摘されたのがきっかけで発見されました。

日本列島は東経123度と147度、北緯24度と46度の枠の中に収まっているので、東経135度と北緯35度が交わる地点が日本の中心と言うわけです。

1923年(大正12年)の旧陸軍による測量で加古川左岸の同市上比延町に交点を確定し、「交差点標柱」の標識を建立しました。

1994年(平成6年)には人工衛星によるGPS測量で新たに測量しなおした結果、旧交点から南東方向にある岡之山の中腹に交点があることを発見し、平成のへそとして新たにモニュメントを設置、経緯度地球科学館テラドームも立てられました。

へそ公園は加古川のすぐ横にあり、川に並行して走る播州鉄道(JR加古川線)の駅が隣接しています。この駅の名称も「日本のへそ公園駅」と言います。

日本のへそ・西脇市の写真・画像

日本のへそ・西脇市
日本のへそ・西脇市

JR日本のへそ公園駅・西脇市
JR日本のへそ公園駅・西脇市

日本のへそ・西脇市
日本のへそ・西脇市の風景

日本列島の中心「交差点標柱」の標識
日本列島の中心「交差点標柱」の標識

タイトルとURLをコピーしました