神戸まつりとサンバ

今年の神戸まつりでは、80団体約6700人が参加し、約97万人の人出だったとか。全期間では、神戸市の人口に迫る138万人が訪れたそうです。 今年は、「ラグビーワールドカップ」が日本で開催されることもあり、神戸製鋼の選手ら約70人もパレードに参加しました。 神戸まつりの目玉は、最終日のメ ... 続きを読む

摩耶自然観察園と奥摩耶遊園地

摩耶自然観察園は、夜景人気スポット「摩耶山掬星台」の北側に位置し、摩耶山の四季折々の植物や鳥を見ながら散策できる自然公園です。 摩耶山掬星台 摩耶山掬星台「神戸1000万ドルの夜景」 春から初夏にかけて咲くミズバショウ、カキツバタ、ツツジ、アジサイ。夏に咲くコウホネ、ミツガシワ。秋には、もみ ... 続きを読む

六甲高山植物園「クリンソウ」「ヒマラヤの青いケシ(メコノプシス)」

六甲高山植物園の「湿生植物区」には、約5,000株のクリンソウの群落があり、5月上旬頃から咲き始め、5月下旬頃にかけて見頃を迎えます。 六甲高山植物園でクリンソウが見頃を迎える5月下旬頃に「六甲ブナマルシェ & クリンソウコンサート」が開催されます。 六甲ブナマルシェ & クリンソウコ ... 続きを読む

摩耶山史跡公園と摩耶観光ホテル跡「摩耶山・マヤ遺跡ウォーク」

摩耶山史跡公園 現在の摩耶山天上寺は、夜景で有名な摩耶山掬星台の北側に位置しますが、元々は摩耶山掬星台の南の中腹にありました。 1976年(昭和51年)1月に焼失し、開祖の地と伝えられる元摩耶(現在の地)に移り、旧境内は「摩耶山史跡公園」として整備され、摩耶山への登山道となっています。 ... 続きを読む

摩耶山掬星台「神戸1000万ドルの夜景」

摩耶山掬星台は、「日本三大夜景」に選定された人気の夜景スポットで、大阪から神戸までを一望できます。 掬星台にある標高690mの展望台からは、手前に神戸から大阪、大阪湾を挟んで、関西国際空港から泉州を見渡すことができます。 「掬」は、「手ですくう」という意味があり、先人が満天の星空があま ... 続きを読む

摩耶山掬星台

「掬星台」は、六甲山系の摩耶山にある展望台で、「六甲ガーデンテラス」、「天覧台」、「ビーナスブリッジ」と並んで、人気の展望&夜景スポットです。 標高702mの摩耶山の東にある掬星台から眺める夜景は、神戸1000万ドルの夜景と呼ばれ、日本夜景遺産にも選定された日本でも有数の夜景スポットです。 ... 続きを読む

摩耶山天上寺で33年に1度「金堂秘仏三尊御開帳」とハンカチの木

摩耶山天上寺は、観音霊場、安産祈願の寺として信仰を集めたお寺で、646年(大化2年)孝徳天皇の勅願を受けたインドの高僧法道仙人が開創しました。 最盛期には八宗兼学寺として、子院僧坊300余、僧3000人余を擁する摂津第一の巨刹でした。 現在の摩耶山天上寺は、夜景で有名な摩耶山掬星台の北 ... 続きを読む

フラワーセンターの花と新緑「春から初夏の花いろいろ」

ゴールデンウィーク後半に加西市にある「兵庫県立フラワーセンター」へ行ってきました。このページの後半に見頃の花の写真を掲載しています。 フラワーセンターのチューリップ ※過去の写真です フラワーセンターのチューリップ 4月30日でチューリップまつりは終わっていましたが、園内には ... 続きを読む

白毫寺の九尺ふじが見頃 ライトアップは5月14日まで

白毫寺の九尺ふじが見頃を迎えています。 白毫寺の藤の花の房は1m以上に伸びることから「九尺ふじ」と呼ばれ、藤の花が見頃を迎える5月上旬のゴールデンウィークに「九尺ふじまつり」が行われます。夜間には藤棚がライトアップされます。 九尺ふじまつり 日程:2019年5月3日(金)~ 5月14日 ... 続きを読む

白井大町藤公園で藤が見頃 ライトアップは5月11日まで

白井大町藤公園で藤が見頃を迎えています。 山陰随一の規模を誇る白井大町藤公園の藤棚は総延長が500m!藤まつり期間中には藤のライトアップが行われ、池に映る幻想的な風景を演出します。 今年のライトアップは、5月10日(金)~5月11日(土)の18:30~21:00です。 白井大町藤 ... 続きを読む