生野銀山のヒカゲツツジ

生野銀山駐車場には兵庫県では珍しいヒカゲツツジ(日陰躑躅)が自生しています。

ヒカゲツツジは兵庫県のレッドデータブックの絶滅危惧種Cランクに登録され、朝来市指定文化財・天然記念物にも指定されています。ヒカゲツツジはツツジ科の植物で高さ1メートルほどの常緑低木で、4月中旬に淡い黄色の花を咲かせます。

約1000本のヒカゲツツジが自生する生野銀山では、へいくろう花と呼ばれ、毎年4月中旬頃に花の見頃を迎えます。ヒカゲツツジが見頃を迎える頃、へいくろう祭が開催されます。

2017年は4月8日頃開花し、4月15日頃に満開を迎えました。

生野銀山のヒカゲツツジ生野銀山のヒカゲツツジ

■生野銀山のヒカゲツツジ
見ごろ:4月中旬頃
時間:9:00~17:00
場所:生野銀山 兵庫県朝来市生野町小野字大谷筋
地図:生野銀山の地図
料金:ヒカゲツツジの鑑賞は無料
生野銀山:大人900円、中高生600円、小学生400円、小学生未満無料
駐車場:無料
公式サイト:生野銀山

■へいくろう祭 ※このイベントは終了しました
日程:2017年4月16日(日)
時間:10:00~15:00
場所:生野銀山 兵庫県朝来市生野町小野字大谷筋
地図:生野銀山の地図
料金:無料
駐車場:無料
情報サイト:あさぶら あさご市ポータルサイト

生野銀山へいくろう祭は、むかし生野鉱山で働く坑夫が昼からゆっくりする(悪く言うとさぼる)ときに使っていた「へいくろうする」という言葉に由来しています。

へいくろう祭は、公式認定競技となった「全日本トロッコ・力自慢選手権大会」をはじめ、地元住民やまちづくりグループによるテーブルショップの出店、アトラクションなど、大人から子供まで楽しめるイベントです。

また、銀山太鼓の演奏のほかに、朝来市マスコットキャラクターのちゃすりんと生野高校のキャラクターである「いくのん」も参加するじゃんけん大会や「へいくろう巻」の早食い大会なども行われます。

生野銀山のヒカゲツツジ生野銀山のヒカゲツツジ

生野銀山のヒカゲツツジ生野銀山のヒカゲツツジ

生野銀山の坑道生野銀山の坑道

投稿者: Mari

「What's New」では、「神戸観光壁紙写真集 KOBE Photo Gallery」の更新情報や、気になるニュース、イベント情報、祭り情報、観光情報、季節の花の開花情報を写真と画像で紹介しています。 主な活動地域は、神戸を中心に、阪神、播磨の地域情報を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です