加保坂ミズバショウ公園でミズバショウが見ごろ 29日にはミズバショウ祭りを開催

養父市大屋町加保のミズバショウ公園で、ミズバショウが見ごろを迎えています。例年の見ごろは4月下旬頃から5月上旬頃です。4月29日には「ミズバショウ祭り」が開催されます。

ミズバショウ公園は、1970年に地元住民がミズバショウの群落を発見し、公園として整備されました。

養父市大屋町加保は、ミズバショウの自生地としては、日本南西限になり、標高約600mの高原に1500株以上のミズバショウが自生しています。

ミズバショウ公園からは、約8千年前の水芭蕉の花粉も発見されており、その後の調査で、少なくとも1万年以上も前から水芭蕉が自生していたことが確認されています。

大屋町加保のミズバショウは、黒色の斑の入ったミズバショウで、全国的にも珍しい品種だそうです。

場所 兵庫県養父市大屋町加保
開園 4月中旬から5月上旬頃 8:30~17:00

加保坂ミズバショウ公園

加保坂ミズバショウ公園

加保坂ミズバショウ公園

※掲載の写真や画像は最新のものではありません。

投稿者: Mari

「What's New」では、「神戸観光壁紙写真集 KOBE Photo Gallery」の更新情報や、気になるニュース、イベント情報、祭り情報、観光情報、季節の花の開花情報を写真と画像で紹介しています。 主な活動地域は、神戸を中心に、阪神、播磨の地域情報を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です