「余部橋梁と余部鉄橋」、「余部駅と餘部駅」

新しい余部橋梁が開通したのが2010年。完成したニュースを聞いて行きたいと思っていましたが、完成してから12年、やっと見に行ってきました。

初代の余部橋梁は、東洋一のトレッスル橋と言われ、日本国内で最長のトレッスル橋でした。

新しく建て替えられた余部橋梁
新しく建て替えられた余部橋梁
建て替え前の余部橋梁(余部鉄橋)
建て替え前の余部橋梁(余部鉄橋)

現在はコンクリート製の橋梁に建て替えられましたが、初代の鉄橋の一部が記念モニュメントとして残され、また、鉄橋を支えていた鋼材を加工して、置物や文鎮などのお土産物として販売されています。

昔の余部鉄橋の一部が残され公園が整備されています
昔の余部鉄橋の一部が残され公園が整備されています。

初代の余部橋梁は「余部鉄橋」と呼ばれ、文字通り鋼鉄製の「鉄の橋」でしたが、建て替えられた新橋梁はコンクリート製です。今は、「余部鉄道橋」との解釈で「余部鉄橋」と呼ばています。(しらんけど!)

でも、100年近く「余部鉄橋」と呼ばれてきたわけですから、愛称として定着しているのでそれでもいいかな?と思います。

とにかく、初代も2代目も正式な名称は「余部橋梁」です。

ところで、余部鉄橋があるのは、香美町香住区余部という場所です。なのに、駅名は「餘部駅」と書きます。どちらも読み方は同じ「あまるべ」です。

これは、兵庫県にはもう一つ「余部駅」があります。「よべ」と読みますが、姫路市青山にある姫新線の駅です。

姫路市青山にある姫新線の駅「余部駅」
姫路市青山にある姫新線の駅「余部駅」

余部駅よりも餘部駅の開業が後だったため、重複を避けるために「餘部」の文字を使ったと言われています。

なので、「余部鉄橋」も「餘部鉄橋」と表記されたりすることがありますが、正式には「余部橋梁」と「餘部駅」です。

現在の餘部駅
現在の餘部駅 ホームから豊岡方面を見る
昔の餘部駅
昔の餘部駅 ホームから豊岡方面を見る

余部橋梁と餘部駅
場所:兵庫県美方郡香美町香住区余部
地図:餘部駅の地図
営業時間:余部橋梁と餘部駅周辺は24時間見学自由
余部クリスタルタワーと空の駅展望施設は6:00~23:00
道の駅 あまるべは9:00~18:00
鉄道グッズ一滴亭(鉄橋資料館)は8:00~19:00
休み:
余部クリスタルタワーと空の駅展望施設は無休
道の駅 あまるべは無し
鉄道グッズ一滴亭(鉄橋資料館)は不定休
料金:いずれの施設も入場無料
アクセス:山陰近畿自動車道「余部IC」から北へ約1km
駐車場:無料
公式サイト:
情報サイト:余部鉄橋「空の駅」~余部鉄橋の再出発!~ 兵庫県
余部鉄橋と余部橋梁 香住観光協会
余部鉄橋「空の駅」展望施設とエレベーター「余部クリスタルタワー」のご案内 香美町

神戸から余部まで、「播但連絡道路」、「北近畿豊岡自動車道」、「山陰近畿自動車道」を通れば約2時間30分で行くことができます。

北近畿豊岡自動車道と山陰近畿自動車道はいずれも未完成で、現在は無料で通行できます。神戸から豊岡、城崎まで約2時間で行くことができるのでアクセスがとても便利になりました。

新しい余部橋梁の写真

田植えの終わった田んぼと余部橋梁
田植えの終わった田んぼと余部橋梁
余部橋梁と列車
余部橋梁と列車
道の駅あまるべ
道の駅あまるべ
新しい余部橋梁の下に昔の鉄橋の一部がモニュメントとして残されています。
新しい余部橋梁の下に昔の鉄橋の一部がモニュメントとして残されています。
昔の余部鉄橋の橋脚の一部が残された公園
昔の余部鉄橋の橋脚の一部が残された公園
余部クリスタルタワー
余部クリスタルタワー。地上とホームを結ぶエレベーターで冷暖房完備。夜間は様々な色でライトアップされています。
余部クリスタルタワーのエレベーターはガラス張りになっていて周りの風景を眺めることができます。
余部クリスタルタワーのエレベーターはガラス張りになっていて周りの風景を眺めることができます。
昔の余部鉄橋の一部と当時の線路がそのままが残されています。
昔の余部鉄橋の一部と当時の線路がそのままが残されています。
余部クリスタルタワー前には「空の駅」と名付けられた遊歩道と展望台として整備されています。
余部クリスタルタワー前には「空の駅」と名付けられた遊歩道と展望台が整備されています。
余部鉄橋が使われていた当時の線路と枕木が当時のまま残されており、この上を歩くことができます。
余部鉄橋が使われていた当時の線路と枕木が当時のまま残されており、この上を歩くことができます。
現在の餘部駅
現在の餘部駅 ホームから豊岡方面を見る
現在の餘部駅
現在の餘部駅 ホームから豊岡方面を見る
現在の余部橋梁の線路
現在の余部橋梁の線路 ホームから豊岡方面を見る
昔の余部橋梁の線路と余部の海岸
昔の余部橋梁の線路と余部の海岸 ホームから豊岡方面を見る
餘部駅の駅長室
餘部駅の駅長室。寒がりの駅長さんはなかなか出てきません。駅長さんの名前は「かめだ そら」。ケヅメリクガメの女の子で7歳です。
駅長さんの「かめだ そら」のモニュメント時計
駅長さんの「かめだ そら」のモニュメント時計

昔の余部橋梁(余部鉄橋)の写真

海岸側から見た余部鉄橋
海岸側から見た余部鉄橋
当時は餘部駅へ急な坂道を登っていきました。その途中で撮影した写真です。
当時は餘部駅へ急な坂道を登っていきました。その途中で撮影した写真です。
余部鉄橋の真下から撮影
余部鉄橋の真下から撮影。一体何本の鋼材を使っているのでしょうか?
餘部駅から余部鉄橋を撮影
餘部駅から余部鉄橋を撮影
余部鉄橋と余部の海岸
余部鉄橋と余部の海岸
餘部駅から余部鉄橋を撮影
餘部駅から余部鉄橋を撮影。余部鉄橋の豊岡方面はトンネルになっています。
余部鉄橋を走る列車
余部鉄橋を走る列車
余部鉄橋を走る列車
菜の花畑と余部鉄橋
菜の花畑と余部鉄橋
桜と余部鉄橋
桜と余部鉄橋
水田に映る逆さ余部鉄橋
水田に映る逆さ余部鉄橋
余部鉄橋と列車
余部鉄橋と列車
余部鉄橋と列車
余部鉄橋と列車

工事中の余部鉄橋の写真

新しく作られるコンクリート橋の工事が始まりました
新しく作られるコンクリート橋の工事が始まりました。ブルーのシートで覆われているのが新しい橋の橋脚になります。
工事中の余部鉄橋
工事中の余部鉄橋
工事中の余部鉄橋
工事中の余部鉄橋

余部鉄橋の夜景と香住町余部の花火大会の写真

2010年の新橋の完成後、撤去される余部鉄橋では、様々なメモリアルイベントが行われています。この花火大会もメモリアルイベントのひとつで、最初で最後の花火大会となりました。

余部鉄橋の夜景。真ん中上の明るいところは月です。
余部鉄橋の夜景。真ん中上の明るいところは月です。
余部鉄橋の夜景と月
余部鉄橋の夜景と月
余部鉄橋と花火
余部鉄橋と花火
余部鉄橋と花火
余部鉄橋と花火
余部鉄橋と花火
余部鉄橋と花火
余部鉄橋と花火
余部鉄橋と花火

コメント

タイトルとURLをコピーしました