淡路島の梅の名所「広田梅林」開園 梅の見頃は3月中旬頃まで

淡路島にある梅の名所「広田梅林」が2月11日開園しました。

南あわじ市広田広田にある広田梅林は戦前まで、梅の名所として知られていましたが、戦前の食糧確保策で畑に変更されました。

それを復元するため地域の老人クラブが中心となり、鶯宿(おおしゅく) と南光(なんこう)の2種類のうめを約300本植樹しました。現在は、約450本の梅が植えられています。また、桜の植樹もされており、梅が終わると、桜の花見も楽しめます。

2月11日現在、早咲きの梅が7分咲きだそうです。梅の見頃は3月中旬頃までで、期間中梅まつりが開催されます。

梅の種類
鶯宿、南光、青軸、思いのまま、鹿児島紅、大盃、八重寒紅、淋子梅、未開梅、呉羽枝垂れ、月影枝垂れなど

場所:兵庫県南あわじ市広田広田
地図:広田梅林の地図
料金:無料
アクセス:洲本ICから車で約10分。
駐車場:無料

投稿者: Mari

「What’s New」では、「神戸観光壁紙写真集 KOBE Photo Gallery」の更新情報や、気になるニュース、イベント情報、祭り情報、観光情報、季節の花の開花情報を写真と画像で紹介しています。

主な活動地域は、神戸を中心に、阪神、播磨の地域情報を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です