湊川隧道一般公開

  1. HOME
  2. 湊川隧道一般公開

湊川隧道は、会下山の下を通る日本初の近代河川トンネルで、新湊川トンネルの完成後は近代化遺産・土木遺産として保存され、定期的に内部を公開しています。

更新:

このページの目次

  1. 湊川隧道一般公開の日程、場所
  2. 湊川隧道について
  3. 湊川隧道の一般公開について
  4. 1.17 鎮魂と希望の灯りについて
  5. 湊川と湊川隧道の入り口の壁紙写真・画像

湊川隧道一般公開の日程、場所

※イベント情報は変更になる場合があります。事前にご確認の上おでかけください。

湊川と湊川隧道の入り口
湊川と湊川隧道の入り口
拡大

湊川隧道について

湊川隧道は、会下山の下を通る日本初の近代河川トンネルで、1901年(明治34年)8月に竣工しました。新湊川トンネルが、2000年(平成12年)に完成し、現在は、湊川隧道は近代化遺産・土木遺産として保存されています。

湊川隧道は、大洪水を度々引き起こす湊川の流路を変えるために、会下山の下にトンネルを作りました。内壁はレンガ積みで、基底部は花こう岩を敷き詰めています。長さ約600m、高さ7.7mの湊川隧道は、当時としては世界最大級の規模を誇っていました。

湊川隧道の一般公開について

湊川隧道は、定期的に公開されており、ミニコンサートや写真展などのイベントが開催されています。湊川隧道やイベントの見学は、申込不要、入場無料。開催場所は、会下山公園の北東にある呑口側が入り口になります。

湊川隧道の一般公開は、毎月第3土曜日の13:00から15:00に行われています。公開中にミニコンサートなどのイベントの開催が予定されています。ミニコンサートの公演は13:30から14:30の1回です。

1.17 鎮魂と希望の灯りについて

阪神淡路大震災が発生した1月17日には、「阪神淡路大震災1.17のつどい」の関連行事として、湊川隧道では「1.17 鎮魂と希望の灯り」を開催しています。公開時間は、5:00から9:00。

「1.17 鎮魂と希望の灯り」は、阪神・淡路大震災のメモリアルイベントとして、湊川隧道内に竹筒灯ろうを並べロウソクの灯りをともします。5:30に湊川隧道内の約200本の竹筒灯ろうに点灯し、震災発生時刻5:46に黙祷をします。当日は9:00まで湊川隧道の公開を行います。

関連ページ
阪神淡路大震災1.17のつどい

湊川と湊川隧道の入り口の壁紙写真・画像

湊川と湊川隧道の入り口
湊川と湊川隧道の入り口
壁紙 1920x1080
湊川隧道の入り口
湊川隧道の入り口
壁紙 1920x1080

関連ページ・カテゴリ

兵庫県と神戸市の観光情報・イベント情報・観光ガイドのリンク集

兵庫県ホームページ
兵庫県民局・兵庫県民センター
神戸市ホームページ
兵庫県立歴史博物館
神戸市文書館神戸歴史散歩
神戸新聞
ひょうごツーリズムガイド
神戸公式観光サイトFeel KOBE
PORT OF KOBE 神戸市みなと総局
ハローステーション神戸
阪神淡路百名所
神戸フェリーガイド
JRおでかけネット 近畿
ウォーカープラス 兵庫県
るるぶ.com 兵庫県
地球の歩き方 兵庫県
Kiss PRESS 兵庫県内の情報サイト
兵庫県話題のお店 - Yahoo!ロコ
掲載している観光情報、イベント情報等の内容は変更になる場合があります。情報の正誤は、ご自身で確認、判断して頂けますようお願いします。掲載の写真や画像も現在は状況が変わっている場合があります。掲載している情報を利用したことにより、損害、不利益などが生じましても、賠償等の責等には応じられませんのでご了承ください。

HOME目次▲上へ▲