神戸市営地下鉄海岸線で中学生以下が無料に! 兵庫、長田の地域活性化

神戸市は、子育て支援を充実して沿線の地域活性化につなげようと、市営地下鉄海岸線の中学生以下の運賃を、2017年7月~2018年3月の9ヶ月間の期間限定で無料にする社会実験を行うことを決めました。

対象となる中学生以下には、三宮・花時計前駅と新長田駅の定期券窓口で中学生以下用の磁気カードを発行します。

神戸市営地下鉄海岸線は、三宮花時計前駅から海沿いを通って新長田駅までを結ぶ、路線距離(営業キロ)7.9kmの地下鉄です。

駅の数は10駅。三宮・花時計前駅、旧居留地・大丸前駅、みなと元町駅、ハーバーランド駅、中央市場前駅、和田岬駅、御崎公園駅、苅藻駅、駒ヶ林駅、新長田駅。

神戸市営地下鉄海岸線は、日本で3番目という「鉄輪式リニアモーターミニ地下鉄」の技術を導入し、2001年に開業しました。建設費の削減のため、トンネル断面積を小さくし、車両の高さ・幅なども他の地下鉄と比べると一回り小さくなっています。

神戸市営地下鉄海岸線の沿線は、阪神淡路大震災以降、人口が流出して高齢化が進み、地域の活性化が大きな課題になっているそうです。

神戸市は、この社会実験で「沿線に子育てする若い世代を呼び込む」、「人口を増やして地域を活性化する」、「海岸線の経営を改善する」ことを目標にしています。

でも、中学生ってあまり電車に乗らないし、どうなんでしょうね?

通学に利用する高校生が対象なら、家計に大きなプラスになりることは間違いないですが、それでも居住者が増えるかどうかは、別問題のような気がします。しかも、実験期間が9ヶ月では、短すぎて効果が期待できないかも?

2017年6月に、神戸市中央卸売市場本場西側跡地でイオンモール神戸南(仮称)がオープンするそうですが、神戸市営地下鉄海岸線中央市場前に直結するので、周辺住民の生活は、かなり便利になると思います。

ハーバーランドではタワーマンションが増え、新長田駅南には兵庫県庁と神戸市役所の合同庁舎の建設も予定されていますので、神戸市営地下鉄海岸線の利用頻度も増えるかもしれません。

神戸市営地下鉄

神戸市では、子育支援の行政サービスを紹介するWEBサイト「ママフレ」を公開しています。

「ママフレ」はウェブサイトとリーフレットにより、子育てに役立つ行政制度やサービス情報をご紹介するもので、行政サービスを「届出」、「健康」、「おかね」、「あずける」、「学ぶ・出かける」、「相談」、「病院・救急」に分類し、わかりやすく情報を整理し、「子育てを応援する行政サービス」の活用方法などをご紹介しています。

KOBE子育て応援団 ママフレ

投稿者: Mari

「What's New」では、「神戸観光壁紙写真集 KOBE Photo Gallery」の更新情報や、気になるニュース、イベント情報、祭り情報、観光情報、季節の花の開花情報を写真と画像で紹介しています。 主な活動地域は、神戸を中心に、阪神、播磨の地域情報を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です