イカナゴ漁解禁日! 初日の入荷量は少なめ 価格は昨年の1.5倍以上!

今年のイカナゴ漁は、解禁日の3月7日早朝、強風とシケのため漁に出なかったところが多かったようです。

大阪湾、相生、赤穂ではイカナゴ漁が行われたようですが、神戸から播磨、淡路島の明石海峡では、イカナゴ漁は一部しか行われなかったようです。

魚の棚商店街でも入荷量はかなり少ないとのこと。魚の棚商店街での価格は1Kg 3,300円~3,500円とかなりの高値となっているようです。スーパーでは1kg 4,000円前後の値段がついているとの報告もあるようです。

ちなみに、相生市の道の駅「あいおい白龍城」では、1kg 1,800円で販売されているようです。今日は、明石では入荷量が少なかったので高値は仕方ないと思いますが、それにしても倍ほど値段が違います。

関連ページ
イカナゴの解禁日はいつ? 気になる価格は?イカナゴのくぎ煮作りは鮮度が命!

【楽天市場】産地直送 本場のいかなごのくぎ煮

明石浦漁業協同組合のFacebook
休漁になったところが多いようです。

明石観光協会のFacebook
魚の棚商店街では1Kg 3,300円~3,500円とかなりの高値となっているようです。

相生市観光協会のTwitter
相生市の道の駅「あいおい白龍城」では、1kg 1,800円で販売されているようです。明石の相場とは倍ほど値段が違います。

投稿者: Mari

「What's New」では、「神戸観光壁紙写真集 KOBE Photo Gallery」の更新情報や、気になるニュース、イベント情報、祭り情報、観光情報、季節の花の開花情報を写真と画像で紹介しています。 主な活動地域は、神戸を中心に、阪神、播磨の地域情報を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です